元ドルトムントのクロップ、コウチーニョに「バイエルンは合う」と直接伝える

写真拡大

この夏、バルセロナからバイエルン・ミュンヘンにローン移籍したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ。

リヴァプールでは大エースだったものの、カンプ・ノウでは本来の輝きを放つことができなかった。

その結果、ドイツに新天地を求めることになったが、クロップ監督もこの移籍に太鼓判を押したようだ。

『Mirror』によれば、『Bildアワード』のビデオインタビューでこう述べていたという。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「彼はすごい選手だ。本当は放出したくなかった。バルサは財政的な面で我々にそれを強いた。

ワールドクラスの選手であり、バイエルンとブンデスリーガにとって本当にいい移籍だ。

初めて聞いた時、両者にとって適していると思った。

奇妙に聞こえるかもしれないが、我々は彼を獲るための十分な資金がなかったんだ。

彼を獲得するための資金はすでに全て使ってしまっていた」

「個人的にバイエルンにはうまくフィットするだろうと彼に伝えたよ。

ドルトムントにとってはあまりよくないけどね。

バイエルンが毎年優勝すると退屈になるので、ドルトムントにまたタイトルを獲って欲しい。

でも、ドルトムントも素晴らしいチームを持っているよ」

クロップの古巣ドルトムントにとっては、コウチーニョ移籍で宿敵バイエルンがさらに強化された形だが…。