岡崎慎司がスペインデビュー

写真拡大

[9.8 スペイン2部第3節 ウエスカ 1-0 S・ヒホン]

 8日、ウエスカはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第4節でスポルティング・ヒホンをホームに迎え、1-0で勝利した。ベンチに入ったFW岡崎慎司は後半40分にピッチに入り、新天地デビューを果たした。

 昨季限りでレスター・シティとの契約が満了した岡崎は、7月30日にスペイン2部のマラガに加入。しかし、マラガがスペインプロリーグ機構のサラリーキャップ制に違反したことで選手登録できない状況が続き、今月2日に契約解除。4日にウエスカ加入が発表された。

 移籍後初戦となった岡崎はベンチスタート。チームは後半4分にMFダニエル・ラバが先制点を挙げると、14分にS・ヒホンに退場者が出て、数的優位に立った。

 1点リードも均衡した状況が続く中、ウエスカは後半40分に最後の交代カードでFWダニエル・エスクリチェに代えて岡崎を投入。試合はそのまま1-0でタイムアップを迎え、ウエスカが連敗を免れて今季3勝目を挙げた。