ユベントスがダビド・デ・ヘア獲りへ?

写真拡大

 ユベントスがマンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)を狙っている。英『デイリー・エクスプレス』が伝えた。

 同紙によれば、デ・ヘアとユナイテッドとの契約は今季限りとなっており、セリエA王者は来夏にフリーでの獲得を望んでいるとのこと。そのため、ユベントスは2020年の早い時期に契約交渉を開始したいと考えているようだ。

 2011年6月にアトレティコ・マドリーからユナイテッドに加入したデ・ヘアは、2015年夏にレアル・マドリー行きの可能性があったが、書類提出が間に合わず破談。その後、ユナイテッドと契約を延長し、ここまで公式戦366試合に出場しており、“赤い悪魔”の絶対的守護神として君臨している。

 ユナイテッドはデ・ヘアに対して、週給35万ポンド(約4600万円)の新契約をオファーしているが、契約更新には至っていない。そのため、ユナイテッドはデ・ヘア退団に備え、アトレティコのスロベニア代表GKヤン・オブラク(26)を後任として検討しているという。

 なお、国際サッカー連盟の規定では、他クラブの選手との接触は、契約が残り半年を切った選手のみ認められている。ユベントスは今夏にアーセナルからウェールズ代表MFアーロン・ラムジーをフリーで獲得しており、デ・ヘアも同じ流れで獲得したいようだ。