画像はイメージです

関連:原辰徳巨人は優勝できない!?「ストッパーの致命的爆弾」


「さすが原……」という声が、ファンからもOBからも聞こえてくるような戦いぶりを見せてきた、今季の巨人軍。

 ONのチームメイトとしてV9時代を支えた野球評論家の黒江透修氏も、原辰徳監督の手腕を評価する。「思い切った決断で選手もスパッと代える。これまでの原とも、ちょっと違う。何よりも戦う意識が選手に出てきている。阿部なんかも、いい仕事してるよね。原は、よくチームを立て直したと思うよ」

 4年連続V逸の巨人を救うべく、3度目となる監督を引き受けた指揮官の原は、任務を成功させつつあると言っていいだろう。

 しかし、その原巨人に、暗雲が垂れ込めつつある。「盤石に見えた原さんの足元が揺らいでいる。事は原さんだけではなく、巨人軍全体に影響する、メガトン級の“火ダネ”ですよ」(夕刊紙記者)

 いったい、どういうことなのか? ベテラン記者が声を潜めて、こう語る。「火ダネとは“原の次”の後任監督争いの話です。次期監督の問題は、今や巨人軍内部の一大関心事になっている。一時は慎之助で固まっていたはずですが、松井、由伸の目まで出てきて、まったくの混沌状態です」

 松井秀喜氏、高橋由伸氏、阿部慎之助、そして原監督……。巨人のスーパースター4人の間で、次期監督の座をめぐる争いが勃発しているというのだ。

 前出のベテラン記者が、こう続ける。「原は今季開幕戦の練習中に阿部を呼び、“ベンチにいるときは、お前さんが監督のつもりで試合を見ていなさい”と告げました。これは、オレの次はお前だから、しっかりやれという後任指名と言える発言です」

 原監督の契約は3年間。その間に帝王学を叩き込み、阿部に監督を継がせる青写真を描いていたという。「確かに阿部にはカリスマ性がある。大学時代、阿部と同じ東都リーグでプレーしていた村田修一が巨人に移籍してきた際、阿部が入ってきただけで、ロッカールームの空気が一変したことに驚愕していました。リーダーとしての資質は十分にありますよ」(夕刊紙デスク)

 その資質を認めていたのが、ほかならぬ原監督だ。原巨人が日本一となった2012年シーズンは、まさに阿部の黄金時代で、MVPも獲得している。

 今季も、満身創痍の阿部がファームでの調整を希望したところ、原監督から電話があった。「お前さんがベンチにいないと寂しいよ」阿部は、この原監督のひと言で、1軍への合流を決意したという。このように、原と阿部の関係は盤石だ。

「原自身は3年契約終了後、阿部を監督に就け、自分は後ろ盾として巨人軍を牛耳る、いわば院政を狙っているという話もあるね」(球界事情通)

 原監督は選手編成権も持つ“全権監督”を条件に、再び指揮を執ることを決断したといわれる。後任監督を指名し、その影響力を禅譲後も保ちたいという計算は当然あるだろう。

■松井と由伸の絆

 ところが、その目論見は瓦解しつあるという。その原因となったのが、8月29日の広島戦、東京ドームの解説席で肩を並べた2人の男だった。

「松井と由伸です。日本テレビが、昨年まで監督を務めた由伸と、アメリカ帰りの松井の解説を、今夏の野球中継の目玉としてセットしたんです。何週間も前から“世紀のダブル解説”として、膨大なテレビCMを打って盛り上げていましたね」(民放関係者)

 年齢は松井が一つ上で、現役時代はセンターとライトでコンビを組んだ間柄。当日の放送では、その絆が改めて強調された。

 アナウンサーに、“監督就任1年目の2016年、臨時コーチとしてキャンプに松井氏を呼んだこと”を聞かれた由伸氏は、「その指導もあって、坂本がその年、首位打者取ったり、ホントに岡本(和真)も成長して4番になりましたからね」と松井氏を称賛。

「他にも由伸は、小林誠司、岡本、吉川尚輝といった若手を見てほしい、と松井に頼んでいたことを明かしました。吉川は現在、腰を痛めてファームで調整中ですが、今季開幕から目覚ましい働きを見せていましたから、松井の指導手腕を絶賛していたわけです」(民放スポーツ記者)

 一方の松井氏も、「こうやって、彼の使っていた選手が躍動してるわけですから。それはもう由伸の功績だと思います」と、今季の原巨人の好調ぶりは、由伸監督時代の功績だと盟友を援護。

「一匹狼として有名だったあの松井が、“由伸はプライベートでも友人”と明言するほど両者の絆は固い。そもそも、松井がライバルと認めた唯一の存在が由伸ですからね。片や高卒で片や大卒、同世代でお互いがリスペクトしていることから、2人を“第二のON”と呼ぶ人もいますよ」(専門誌記者)

■ダブル解説が呼んだ波紋

 このダブル解説の波紋は大きかった。「松井がついに“やる気”になった」と、関係者の間に激震が走ったのだ。松井氏の真意を知るべく、ネット裏では各社の記者が慌ただしく動き回っていたという。

「野球教室やテレビの収録で日本に来ても、“僕は解説に向かないから”とテレビやスポーツ紙の解説を断りまくっていた松井だけに、由伸とのダブル解説を引き受けたのは、“なぜ?”と話題になっていましたね」(前同)

 前出の民放スポーツ記者が解説する。「松井が監督オファーを断ってきたのは周知の事実。原監督が辞めた2015年にも、読売首脳がNYの松井のもとを極秘裏に訪れ、監督就任を打診しています。しかし、松井は首をタテに振らず、その結果、現役を続行するはずだった由伸が監督になった。それを松井は負い目に感じているんですよ」

 不本意な状態で監督を引き継いだ由伸氏は、3年間優勝できずに退任。親友を窮地に追い込んだ松井氏が、今度は男を見せるという。

「このまま原監督から阿部慎之助という流れになれば、由伸にチャンスが回ってくる可能性はゼロに近い。それならば、乾坤一擲、松井自身が監督に就任し、由伸をヘッドに起用して“自分の次は由伸”と宣言すれば、親友を再び監督に就けることができる。そう松井が考えたとしても不思議はありませんよ」(前同)

 全権監督・原がすべてを手中に入れるのか、それとも“松井と由伸”が新たな未来を切り開くのか。この続きは9月9日発売の『週刊大衆』で。