ダニー・ドリンクウォーターがまたもお酒のトラブル

写真拡大

 ショッキングなニュースが飛び込んできた。今夏チェルシーからバーンリーに期限付き移籍したMFダニー・ドリンクウォーター(29)が凶悪犯に襲われ、負傷したという。

 英『サン』によれば、マンチェスターのナイトクラブでひどく酔っ払っていたドリンクウォーターが、スカンソープ(英4部相当)に所属するDFクゴシ・エントレ(25)の恋人をナンパ。エントレは彼女に構うなと求めたが、ドリンクウォーターが激怒してケンカ沙汰に発展したという。

 これにより2人はナイトクラブの警備員に追い出され、ドリンクウォーターは少なくとも6人組から鈍器などで殴打されたと模様。ある関係者は「彼らは彼がプレミアリーグの選手であることを知っていた。追い出された後、事態が悪化した。何人かの若者たちは、口論のあとに彼を地面に叩きつけ、顔や体を何かで殴っていた。彼らは打撃を与え続け、足首にもジャンプしていた。至るところに血が飛び散っていて、信じられないほどひどかった」と語っている。

 だが、ドリンクウォーターはこの暴行事件について警察を呼ばず、バーンリーのチームメイトと見られる友人にタクシーに乗せられ、帰路についたようだ。ドリンクウォーターはひどく酔っ払っていたため、事件の多くのことを覚えていないようだが、彼のスポークスマンは「ダニーは自分が批判される立場にいることを受け入れている」と語っている。

 なお、ドリンクウォーターの顔はひどく腫れ、肩や腕にも傷があるとのこと。さらに足首の靱帯も痛めており、最大で1か月の離脱が予想されている。また、ナイトクラブから追い出された後に、エントレが暴行に関わったという証拠はないようだ。

 ドリンクウォーターは今年4月に飲酒運転により逮捕・起訴されており、お酒によるトラブルが続いている。