16歳のペドリとアンス

写真拡大

今夏、FCバルセロナBに移籍し、今シーズンはUDラス・パルマスでプレーするペドロ・ゴンサレス(ペドリ)と前節バルサのトップチームで最年少ゴールを記録したアンス・ファティは、同世代の選手であり、両者とも2002年生まれの16歳である。

ペドリが11月25日に生まれたのに対し、アンスは10月30日に生まれであり、その誕生日は1ヶ月も変わらない。そして現在、2人は似たような急成長を見せている。

昨シーズン、ペドリは大部分をラス・パルマスのフベニールBで過ごし、ディビシオン・デ・オノール・フベニール(スペインU-18のトップリーグ)でプレーしたのは、最終節になってからである。

しかし、そこからアンスのように飛び級でファーストチームに昇格しているが、ラス・パルマスの場合は、それがより如実に現れる。
その理由に、セグンダB(スペイン3部)でプレーするラス・パルマスBに加え、テルセーラ・ディビシオン(同4部)でプレーするラス・パルマスCがあるからである。

ペドリのラス・パルマスでの公式戦デビューは、8月18日にホームのグランカナリア・スタジオで行われたラ・リーガ・スマートバンク(同2部)の第1節ウエスカ戦である(0-1)。

ペドリは、監督ペペ・メルのもとプレシーズンからトップチームに合流しており、デビュー戦以降は、マラガ戦、ラシン・サンタンデール戦に28番を背負って出場している。

一方のアンスは、ペドリよりも少し遅く、カンプ・ノウで行われたラ・リーガの第2節レアル・ベティス戦でカルレス・ペレスと交代してデビューを飾っている。
そして、オサスナとの第3節では、完璧なヘディングシュートでゴールを決め、バルサを救う活躍を披露している。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>