ナイキと超大型契約を結んでいたロナウド

写真拡大

ユヴェントスに所属するクリスティアーノ・ロナウドはいまだ衰えることを知らず、新たな契約でさらに大きく成長している。

『Football leaks』が公開した新たなドキュメントによれば、ロナウドは、2016〜2026年のナイキとの契約により、1億6,200万ユーロ(約193億円)を受け取ることになる。

ドイツ紙『Der Spiegel』は、書籍『Football Leaks 2』の中の複数のエキスパートの文言を引用している。

その中で、「当時レアル・マドリーのスター選手が2016年に結んだスポーツブランドとの2026年までの契約で、1億6,200万ユーロ(約193億円)を受け取ることになる」と明かしている。

この情報によれば、ナイキとロナウドなどの肖像権を扱うポラリス・スポーツ・リミテッドが結んだこの契約における商談は、ダブリンで行われたということである。

また、ロナウドは、契約期間中にバロンドールのような賞を獲得すれば、その賞ごとに400万ユーロ(約4億8,000万円)がボーナスで入ることになる。

この金額は、ロナウドのようなフットボーラーの桁外れな収入を証明していると同時に、ナイキやアディダスなどのスポーツブランドがスター選手を抱えるために熾烈な戦いを繰り広げていることを示している。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>