今夏にインテルに加わったアレクシス・サンチェス。マンU在籍時の不振から脱却できるか photo/Getty Images 

写真拡大

かつてインテルのエースストライカーとして君臨し、イタリア代表戦士としても名を馳せたアレッサンドロ・アルトベッリ氏が、今夏に同クラブに加わったFWアレクシス・サンチェスについて語った。

昨年1月にアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したものの、度重なる負傷に悩まされ、レギュラーの座を確保するに至らなかったアレクシス・サンチェス。新天地インテルで再起を図ろうとしている同選手に対し、アルトベッリ氏は多大な期待を寄せた。英『TRIBAL FOOTBALL』が伝えている。

「アレクシスはセンターFWやセカンドトップとしてはもちろんのこと、ウイングFWとしてもプレイできる。彼はインテルのコンテ新監督に多くのバリエーションをもたらすだろうし、(セリエA8連覇中の)ユヴェントスから優勝をかっさらうための秘密兵器となり得るね」

[5-3-2]の布陣をベースとし、ロメル・ルカクとラウタロ・マルティネスの快足2トップを起点としたカウンターが機能している今季序盤のインテルだが、今後は対戦相手が同クラブの速攻を封じるべく、徹底的に自陣へ引き籠ることも想定される。本調子であれば鋭いドリブルでマーカーを剥がすことができ、狭いスペースにおいても決定的な仕事ができるサンチェスは、インテルが遅攻を強いられた際に欠かせないピースとなるかもしれない。クラブレジェンドより太鼓判を押された同選手だが、新天地で輝きを放つことができるだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/