ピケはメッシ残留を楽観視

写真拡大

FCバルセロナのCBジェラール・ピケは、『Cadena Ser』のプログラム『El Larguero』でのインタビューで、「メッシが今シーズン(2019/20)終了後にフリーで退団が可能になることはすでに知っていた」と告白している。

ピケは、この点に関して、「僕らはバルサとレオ(・メッシ)の関係性を知っているし、まったく心配していない」とアルゼンチン人クラックが退団する可能性を打ち消している。

ジェラール・ピケは、メッシが「自分の将来を決めるチャンスを得た」と述べたが、「40歳になるまでレオはバルサに留まることを望んでいる」と付け加えている。

監督エルネスト・バルベルデから8日(日)までオフを与えられているピケは、妻シャキーラと共に全米オープンテニスを現地で観戦している様子が確認されている。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>