男が思う「長続きするLINE」と「しないLINE」の違い

写真拡大

ずっとラブラブなLINEを続けているのを見ると、とても羨ましいですよね。男性がLINEを続けるのにはどんな特徴があるのでしょうか?今回は「長続きするLINE」と「しないLINE」の違いをまとめてみました 。

(1)文章が長すぎない

『文章があまりに長いのは返信が面倒』(28歳/営業)まずもっとも大切なのは文章の長さです。長い文章は、パッと見た時に「返したくない」という気持ちにさせてしまいます。いくら内容が良くてもこれではもったいないですよね。基本的にLINEは同じぐらいの長さで返信しあうとバランスがいいです。相手の返信と見比べて差が大きい場合は、文章の長さを工夫した方がいいかもしれません。

(2)適度にスタンプを使っている

『スタンプが使われてると感情が読み取りやすくていいね』(27歳/販売)スタンプがまったくないLINEは固い印象を与えます。また相手がどんな気持ちなのかつかみにくいことも。適度にスタンプを使って好印象を目指しましょう。スタンプばかり使うと次は雑な対応だと思わせてしまいます。気持ちを表現したい時など、プラスアルファで取り入れるといいでしょう。

(3)疑問文がある

『疑問文があると返信しやすいし、僕に興味を持ってくれてると思えて嬉しい』(29歳/IT)語尾に「?」をつけるのは、王道ですが効果的な方法と言えます。やはり質問されれば返しやすいもの。そこから次の話題に発展させることもできます。ただし質問したあとには必ずリアクションを取りましょう。アフターフォローがないとただ問い詰めているだけになってしまいます。

(4)コミュニケーションが噛み合う

『LINEのテンポがいい子ってやり取りしてて楽しい』(27歳/看護師)LINEをしていてテンポ感がいいと「気が合うな」と感じさせることができます。先にLINEで仲を深めることができれば、実際にあった時でも好印象につながるでしょう。ではどんな要素がテンポ感につながるのでしょうか?相手の言葉に必ずリアクションをする、同じぐらいの文章の長さやテンションを心がける。絵文字やスタンプの量を相手と合わせる。こうした会話の延長とも言えるコミュニケーションが相手の気持ちを変えます。男性に返信してもらうためには、「返信のしやすさ」や「好印象」が不可欠。ぜひ今回ご紹介した内容を意識してみてくださいね。 (恋愛jp編集部)