セルヒオ・ラモス

写真拡大

スペイン代表の新監督ロベルト・モレノがルーマニア戦(1-2○)終了後のインタビューで勝利の喜びを語った。監督は試合で苦戦したことに言及し、「チームとして成長した」と語り、EURO2020予選での5連勝を飾った選手たちを祝福した。

「ルーマニアが最後まで果敢に攻めてくることは予想していた。スウェーデン戦やノルウェー戦でルーマニアは試合終了直前まで負けていたのに最後にゴールを決めていたから。我々はゴールのチャンスを得ていたが、さらに多くの得点を決められなかったことは残念だ。特に試合前半では」

「しかしこの経験が我々をチームとして成長させるだろう。全員で守り、カウンターで攻めることも時に有効である。良い結果を得られたことを祝福したい、我々はとても満足している」

またCBコンビのディエゴ・ジョレンテとセルヒオ・ラモスについて、監督は「彼らはとても良い選手たちだ。センターバックのペアとして良い仕事をした。ディエゴはボールの扱いが巧いし、ラモスの横ならどんな選手だってスムーズにプレーできる」と語った。

スペイン代表は既に日曜に開催されるEURO予選第6節のフェロー諸島戦を見据えている。
「23名の選手たち全員がスタメンになる実力を持っている。そして彼らはそれをプレーで証明しなくてはならない」と監督は述べ、ルーマニア戦と異なる選手たちの起用を予告した。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>