バロテッリが良い子に

写真拡大

バロテッリは変わってきている。良くなっている。彼がイタリアに戻ってから挑発好きでトラブルメーカーのバロテッリが、良い子、働き者、プロに変わるためにいなくなったと皆が言っている。

彼と彼のクラブにとって全てが上手くいってから、バロテッリは努力をし、犠牲を生み、身体に気を使い、誰よりもプロである。彼は更生しているようである。

ブレシアのメンバーはバロテッリに満足している。29歳のバロテッリ自身も幸せを感じており、移籍してからは「家にいる」と語っている。

親善試合での60分のみしか出場していないが、ピッチ内また彼にとってはとても大事なピッチ外での感覚は良好だ。試合で得点は決めてないが、すべてをプロフェッショナルにできることを示したいという願望を表している。

バロテッリは相手チームを圧迫し、落ち着いたプレーを見せ、チャンスを作り出し、彼のチームメイトと結びつき、出場した時間にすべてを捧げている。

マントバとの親善試合の前にはチームメイトと笑い、冗談を言い、ハーフタイムにはプレーについて助言を求めるバロテッリがいた。また彼はチームメイトからのアドバイスに耳を貸し、それが彼の試合中の努力を高めている。

新しいクラブでバロテッリが真剣さを示したのは、ヴァンサン・コンパニからのエティハド・スタジアムでのチャリティーマッチの招待を断ったことからも彼の意気込みを感じ取ることができる。バロテッリはトレーニングを行うためにイタリアに残ったのだ。

ブレシアのファンはバロテッリのデビューを見るためには我慢しなくてはいけない。マルセイユでの最後の試合での退場による4試合の出場停止のため、まだセリエAでのプレーが許されない。しかし、サポーターは落ち着いていられる。なぜなら、第5節のユヴェントスとの試合でデビューすることができるからだ。

まだ触れていないのは彼のフィジカルの状態だ。ブレシアに加入する前、彼はマイアミでフィジカルトレーニングを行い、最高の状態に近づくためにトレーニングを続けている。

トラブルメーカーとして過ごしていた頃の選手ではないことを示し続けるため、新たな試合を待っている。バロテッリが良い子に変わったのは真実なのか、一時的なものなのか見守ろう。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>

■関連記事:バロテッリ、セリエA昇格チームへ移籍間近...ブラジル行きなし?

■関連記事:バロテッリがメッシを称賛し、C・ロナウドに皮肉を放つ

■関連記事:自身の噂に激怒のバロテッリ「これは作り話だ」