テレンス・マリック最新作『名もなき生涯』第二次世界大戦下“愛”に生きた男の物語

写真拡大

映画『名もなき生涯』が、2020年2月21日(金)に公開。監督は、『ツリー・オブ・ライフ』『シン・レッド・ ライン』を手掛けたテレンス・マリック。

第二次世界大戦下、愛と信念に生きた1人の男の物語

物語の舞台は、第二次世界大戦下、ドイツの侵攻とともにナチスの支配下に入ったオーストリア。度重なるナチスドイツの従軍指令とその軍門に降った教会の指示に従わず、ひたすらに自分の信念と妻や娘への愛に生きた一人の誠実な農夫 フランツ・ヤゲルシタッターの生涯が描かれる。

主演に、ドイツの俳優アウグスト・ディール

主演を務めるのは、『イングロリアス・バスターズ』『マリアンヌ』に出演したドイツの名優アウグスト・ディール。また、『ベルリン・天使の詩』『ヒトラー 〜最期の 12 日間〜』で知られ、今年2月に逝去したブルーノ・ガンツも出演。遺作となった本作の重厚な物語をしっかりと支える重要な役割を担っている。

カンヌ&トロント国際映画祭出品

なお『名もなき生涯』は、第72回カンヌ国際映画祭において、「人間の内面を豊かに描いた作品」に贈られるエキュメニカル審査員賞を受賞している。

【詳細】
映画『名もなき生涯』
公開日:2020年2月21日(金)
キャスト:アウグスト・ディール、ヴァレリー・パフナー、ブルーノ・ガンツ ほか
原題:A Hidden Life
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン


[写真付きで読む]テレンス・マリック最新作『名もなき生涯』第二次世界大戦下“愛”に生きた男の物語

外部サイト

  • 映画『1917(原題)』監督サム・メンデス-第一次世界大戦下、若き英兵の1日を“リアルタイム”で描く
  • 人気海外ドラマ『ダウントン・アビー』映画化、英国国王が伯爵家を訪問する騒動を描く
  • ディズニーが往年の名作アニメや童話を実写映画化 - 過去の作品から新作まで網羅