入場料1200円は椅子代? タピオカランドに行ってきました(辛酸なめ子)

「雨大変でしたよね」

突然のゲリラ豪雨から逃げるように駆け込んだ、原宿駅前の東京タピオカランド。受付のスタッフに想定外の優しい言葉をかけられ、情にほだされかけました。レジの横には話題のただ黒いだけのタピオカ缶バッジが販売。中に入ると、黒いバルーンやボールなどタピオカを模したオブジェが大量にあります。

そして延々と、タピろう的な曲が流れて、タピオカ脳に洗脳されていきます。ちょうど西日が差し込んで、文明が終わりゆくような世紀末感に浸りました。

いっぽう撮影スポットで「映える〜」と言いながら楽しそうに撮影する女子たち。一番満喫していたのは、無料で入ってタピオカプールでひとり泳いだりしていた少女でしょうか。タピオカプールでタピオカの球を投げ続けていた男子二人が「この空間オフィスにほしい」とまで言っていて、タピオカ空間の影響力を実感しました。

店舗は4つあり、結局量的に限界があるので一杯のみ飲んで、あとは手持ち無沙汰です。ただ街中の多くのタピオカ屋さんは、持ち帰りのみだったり椅子がなかったりするので、1200円の入場料は椅子代だと思えば良いかもしれません......。またこの独特な虚無感、文明が終わるメランコリックな空気に浸りにいきたいです。

■東京タピオカランド概要

開催期間

2019年8月13日〜2019年9月16日

時間

8月 10:00〜19:00 (LO 18:45)

9月 平日13:00〜19:00 (LO 18:45)/土日祝 10:00〜19:00 (LO 18:45)

場所

東京都渋谷区神宮前6丁目35-6 jing(仮称) 

料金

当日券:大人(中学生以上)1200円、小人(小学生以下)無料

前売り優先入場券:大人1200円、小人無料

URL http://tokyophotogenicteam.com/tapioca/

トイレ完備、再入場可