黙祷を捧げたレアル・マドリー

写真拡大

スペイン人の元スキー選手ブランカ・フェルナンデス・オチョアが死去したニュースを受け、レアル・マドリーが練習前に黙祷を捧げた。

故ブランカ・フェルナンデス・オチョアはレアル・マドリーの大ファンだったという。

4日(水)にマドリード郊外の山中で死去が確認された元オリンピックメダリストのブランカ・フェルナンデス・オチョア(女子スキー)。多くの人々がその死を悼んだが、レアル・マドリーも練習前に1分間の黙祷を捧げている。

現地時間6日(木)の練習前の黙祷以外に、マドリーは公式ツイッターに次のメッセージを掲載しブランカの死を悼んでいる。

「レアル・マドリーC.F.は心よりオリンピックメダリストでありスペインスポーツ界の伝説であるブランカ・フェルナンデス・オチョアの死を悼む。我々皆に大きな悲しみを与えたこの死に対し故人の家族と友人らに哀悼の意を表したい」

ブランカ・フェルナンデス・オチョアは生前レアル・マドリーの大ファンであり、1試合も逃さず観戦するほど情熱的なサポーターだった。

ブランカは1992年アルベールビルオリンピックでスペイン初の女性メダリストとなり、同年に行われたバルセロナオリンピックでのスペイン人選手たちのリーダー的存在となった。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>