スペインメディアが称える久保建英

写真拡大

 パラグアイ代表を相手に臆することなく果敢に挑んだ日本代表MF久保建英(18)が高評価を得ている。スペイン『アス』が「日本の後半における攻撃面で最高レベル」だったと伝えた。

 今夏レアル・マドリーに加入し、マジョルカに期限付き移籍した久保。5日に行われたキリンチャレンジカップのパラグアイ戦では、ベンチスタートとなったが、2点リードの後半開始からピッチに立ち、積極的なプレーで観衆を沸かせた。

 まずは後半5分、PA右手前の位置で自ら獲得したFKを直接狙ったが、惜しくもクロスバーの上。同13分にはゴール前に走り込み、MF原口元気の折り返しを左足で合わせるも、目の前のDFにブロックされた。さらに同24分、MF柴崎岳のスルーパスに反応し、PA右でボールを持つと、角度のない位置から左足を振り抜いたがクロスバーを直撃。18歳93日での史上最年少ゴールはお預けとなった。

 それでも、南米のパラグアイを相手に卓越したスキル、ドリブルでファウルを何度も誘うなど、好パフォーマンスを披露。後半の45分間で存在感を示した。

 同紙は「日本はハーフタイム後、両サイドハーフが入れ替わり、バランスがやや崩れてしまった。後半から登場した久保は、日本の後半における攻撃面で最高レベルであり、得点機会を得たが、得点につなげることはできなかった」と、久保のパフォーマンスを称えつつ、決定力の面で課題が残ったと伝えた。

 日本は10日にカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の初戦を迎え、アウェーでミャンマー代表と対戦する。久保は再び出番を得て、日本を勝利に導くことができるだろうか。今後の活躍に期待がかかる。