スポルティーバ・新旧サッカースター列伝 第1回

サッカーの現役スーパースターやレジェンドプレーヤーの逸話をつなぎながら、その背景にある技術、戦術、社会、文化を探っていく連載。第1回は、今、母国を熱狂させていることで話題の、稀代の名サイドバックから。

◆ ◆ ◆

サンパウロの背番号10

 母国ブラジルでプレーするのは17年ぶり。もともとファンだったというサンパウロに加入したダニエウ・アウベスは、デビュー戦でさっそくゴールを決めている。


サイドバックから進化したダニエウ・アウベスが、トップ下として活躍している

 サンパウロには、アトレティコ・マドリードを退団したフアンフランも移籍してきた。フアンフランとダニエウ・アウベスはどちらも右サイドバック(SB)なのでポジションが重なりそうだが、ダニエウ・アウベスの背番号は10番なのだ。ポジションもトップ下だった。

 もともとMFだったプレーヤーがSBをやっていただけで、元に戻ったにすぎないというケースはよくある。ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストがそうだった。フェイエノールトやアーセナルではMFだったが、バルセロナで左SBに転身し、そのままオランダ代表でも定着した。

 日本でもプレーしたレオナルドも一時期はSBでプレーしていたし、セレソンの名SBだったジュニオールも同じ。レオナルドもジュニオールも、後にMFに戻っている。パウル・ブライトナー(西ドイツ/当時)もこのパターンである。1974年西ドイツワールドカップで優勝したときは左サイドバック、1982年スペインワールドカップに準優勝したときはMFだった。

 しかし、ダニエウ・アウベスはそうではない。13歳からずっとSBだった。バイーア、セビージャ、バルセロナ、ユベントス、パリ・サンジェルマン、そしてブラジル代表でも。ありがちな10番のSBへのコンバートではなく、SBでプレーするうちに10番の資質を身につけていった珍しい例なのだ。

 コパ・アメリカでMVPを獲得したダニエウ・アウベスのプレースタイルは、10番とSBの混合といっていい。右SBとしての役割を果たしながら、組み立ての軸となり、チャンスを作り、自らも得点した。36歳にして新境地を拓いていた。

うまくなった、「走る」選手

「走る選手をうまくすることは無理だが、うまい選手を走らせることはできる。よくそう言われるが、そんなに簡単にはいかないものだ。走らない選手というのは、本当に走らないのだよ」

 イビチャ・オシム氏はかつてそう話していたことがある。ダニエウ・アウベスはオシムの話でいえば「無理」な例になる。走る選手のほうだった。

 2006−07シーズンのUEFAスーパーカップでバルセロナと対戦したセビージャは、ダニエウ・アウベスの走力で勝利している。「走らない選手」であるバルセロナのロナウジーニョの背後を突きまくった。2年後、バルセロナは破格の好待遇でダニエウ・アウベスを迎え入れた。

 無尽蔵のスタミナで上下動を繰り返す右SBは、主にシャビから何本ものパスを引き出していく。ただ、そのあとのクロスボールはどこへ飛んでいくかわからないところもあった。

 メッシ、シャビ、イニエスタ、ブスケツのカンテラ出身者らとは明らかに違うタイプで、ときに流麗なリズムを台無しにもしたが、走るダニエウ・アウベスは次第にバルセロナに不可欠な存在になっていった。ペップ・グアルディオラ監督の下、走るSBはみるみるうちに上達し、走る選手はうまい選手になっていた。

サイドバックが「王様」になった理由

 現代のサッカーでSBは「王様」になろうとしている。ダニエウ・アウベスは突然変異ではなく、近い将来の予告なのかもしれない。その条件はすでに整えられているので、あとは第二、第三のダニエウ・アウベスが現れるのを待っている状況ともいえる。

 SBはすでに攻撃の起点になっている。選手の資質とは無関係に、すでにそうなっているのだ。

 きっかけはビルドアップの進化だ。10年ほど前から、後方でのビルドアップに変化が起こっていた。それまでは、4バックならDF4人がラインを形成してボールを動かしながら縦への展開を探っていたのだが、やがてMFが2人のセンターバックの間やセンターバックとサイドバックの間に下りていくようになった。

 GKもビルドアップに組み込まれるようになり、より後方でボールを確保できるようになっていく。この後方の形状変化によって、サイドバックはより高い位置へ押し出された。

 相手のプレッシャーを外しながら後方でパスを回す。そしてボールの「出口」は、ハーフスペースにいる選手になる。そこにいるセンターバック、あるいは下りてきたMFや「偽サイドバック」かもしれないが、いずれにしろ誰かがそこでフリーでボールを保持して、前方への展開をする。

※ハーフスペース=ピッチを縦に5分割したときの、サイドから2番目と4番目。サイドでも中央でもないレーンのスペースのこと。
※偽サイドバック=サイドから中盤へポジションチェンジする選手。

 一方、守備側のサイドハーフは、まずこのボールの出口に立つ選手の前方を塞がなければならない。同時に、自分の横または斜め後方にいるサイドバックも警戒しなければならない。サイドバックがタッチライン際にフリーでいる以上、無闇に「ボールの出口」へプレスすることはできず、かといってサイドバックのマークについて「出口」を開放するわけにもいかない。つまり、1人で2人の相手を見なくてはならない。

 ここで、多くのパスはサイドバックへ集約される。タッチラインを背にフリーで立っていて、守備側のサイドハーフはボールを追って向かっては来るものの、それなりの時間の余裕もある。攻撃側は、SBにボールをつけて、そこからいよいよ崩しにかかるのだ。

 少し前まで、サイドバックに必要な才能はスピードと運動量だった。これは現在でも同じなのだが、加えてプレーメーカーの能力を問われている。縦に走ってクロスボールを蹴るより、中盤で攻撃の起点となる役割にシフトしているからだ。サイドバックはウイングとの兼任ではなく、プレーメーカーとの兼任になりつつある。これは選手の資質に合わせてそうなっているのではなく、フィールドの位置から必然的にそうなっているわけだ。

 グアルディオラ監督のバルセロナで、かつてダニエウ・アウベスが経験したことだ。その必然から、走り屋SBは覚醒し、サンパウロで10番を背負うダニエウ・アウベスへつながっていった。現在はバルセロナだけでなく、ほぼすべてのSBがその必然の中でプレーしている。だから、すでに右SBが左利きであることも不自然ではなくなりつつある。MFならサイドと利き足が反対でも支障はなく、むしろ視野を広く保てる 。

 まだダニエウ・アウベスは彼1人だが、後を継ぐ者はすぐに現れるだろう。条件はすでに整っていて、世界は次のダニエウ・アウベスを待っている。