最後まで攻撃的な姿勢を貫いた柴崎。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 9月5日、キリンチャレンジカップ2019が県立カシマサッカースタジアムで行なわれ、日本がパラグアイに2-0で快勝した。

 日本は前半から積極的に前へ仕掛け、再三相手ゴールを脅かすと23分に、左サイドの長友佑都のグラウンダーのクロスから、ニアサイドに飛び込んだ大迫勇也が合わせて先制。その7分後にも、今度は右サイドの酒井からの鋭いダイレクトのクロスをファーサイドでフリーとなっていた南野拓実が無人のゴールに右足で流し込み、追加点を挙げた。
 
 その後も日本は安定した守備で、パラグアイの好機を潰しては流れを引き寄せ、ゲームの主導権を握り続けた。後半は得点こそなかったものの、南米の強敵を相手にクリーンシートでの完封勝利を収めた。
 
 先発メンバーで唯一の国内組である橋本拳人と、ダブルボランチでペアを組んだ柴崎岳は、この試合で果敢に中盤から前に飛び出して攻撃に参加。前半には積極的にワイドに開き、右サイドの堂安律とのワンツーで抜け出すなど、中央に橋本を残して、動き回るシーンが多かった。
 
「(橋本)拳人に関してはそこまで考えさせ過ぎずにやらせてあげようかなと思っていました。彼が動いたスペースに連動して動こうと思っていましたし、彼が下がれば、僕は前にいこうかなと」
 
 柴崎が攻撃的に前に出ていく場面が多く見えたのは、橋本が下がっているシーンが多かったということ。ふたりの連係にはあまり問題がなかったと話す柴崎だが、相方の守備的過ぎる姿勢には反省すべき点もあったという。
 
「もうちょっと前に行ってほしいなと思うところもあったんで、その時は拳人に行かせましたけど、あんまり後ろに重心を置くべきではないポジションだと思うので、そういうシーンが今日はあったんで、しっかり反省をしたいと思います」
 
「ポジションを約束された選手はいない」と言う森保一監督だけに、今回のダブルボランチがファーストチョイスとは言い切れないが、先発起用でテストされた事実に変わりはない。有力な組み合わせのオプションとして見られているのは確実だろう。
 
 ダブルボランチはチームの心臓とも言える重要なポジション。柴崎が課題だと語る部分をどこまで改善できるか…。森保ジャパンは10日、ワールドカップ・アジア2次予選のミャンマー戦を迎える。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】南米強豪パラグアイに2得点の快勝!試合の写真ギャラリーはこちら!