高校時代は誰よりも遅くまで自主練をしていたという。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全4枚)

 2020年に開催される東京五輪。この連載は本大会での活躍が期待される注目株の生い立ちや夢舞台への想いに迫る。
 
 6回目は、優れた身体能力と豊富なスタミナを活かして、湘南ベルマーレの攻撃的なスタイルの一翼を担う杉岡大暉が登場。
 
 市立船橋高から入団した湘南ではルーキーイヤーでレギュラーを奪取する。プロ2年目の昨季にはルヴァンカップ決勝で豪快なミドルシュートを叩き込み、チームにタイトルをもたらす活躍。そして今季はA代表に初選出されるなど、順調にキャリアを積んでいる。ひたむきにサッカーと向き合う姿勢は、いかにして育まれたのか――。
 
 中編では、インターハイでは日本一にも輝いた高校時代に学んだもの、湘南への入団を決めた理由、プロに入り初めて痛感した駆け引きの難しさをお届けする。
 
前編はこちら
【連載・東京2020】杉岡大暉/前編「正直もう戻りたくない高校生活。入学当初に抱えていたコンプレックスは…」

───◆───◆───
 
――高校時代に、試合に勝つために最も努力していたことは?
「最後までグラウンドに残るようにしていましたね。なんか他の人より先に上がるのが嫌で。意味があったかは分かりませんけどね。チームの練習が終わったらグラウンドは解放されていたので、そこで自主練をしていました」
 
――どんな自主練を?
「キックとか色々です。一番取り組んでいたのはステップです。足が遅かったので、フィジカルコーチに頼んで、付きっ切りで指導してもらっていました」
 
――苦手を克服できた裏には、やはり人知れない努力があったわけですね。
「そうかもしれません」
 
――当時の朝岡隆蔵監督はどんな人でしたか?
「見る目があるというか、凄い人でしたね」
 
――具体的にどういったところが凄かったのですか?
「すごく細かい戦術的な視点を持っているし、技術の部分でもすごく色々なことを教えてくれました。とにかくサッカーをすごく知っている人という印象です」
 
――怒られたりとかは?
「まあ、たまに。『緩慢なプレーはするな』『満足するな』って。その時は自分ではできているつもりだったので、実は当時、結構イライラしながら聞いていました(笑)。でも、大抵、後に気づくんですよね。やっぱり甘かったな、監督の言っていることはこういうことだったんだって」
 
――ただ3年になったらキャプテンも任されました。そういう期待は感じていましたか?
「それはヒシヒシと。3年になって信頼をしてもらえていたのかなって思います。居心地が良かったし、良い関係を築けていたなと」
 
――3年生の夏にはインターハイを優勝します。
「初めての日本一だったので、シンプルにすごく嬉しかったですね」
 
 
――日本一になって変わった意識は?
「大きくは変わってはいませんよ。常にどのチームにも負けたくなかったし、たとえ練習試合でもそういう意識でやっていましたから。なので日本一も“なるべくしてなった”と思っています。強いて変わったと言えば、もう一度日本一になりたいという欲ですね。だからこそ選手権で結果を残せなかったのが、余計残念です。
 
――最後の選手権では2回戦敗退でした。やはり、こみ上げる想いもありましたか?
「今まで一番寂しかった大会です。負けた時はすごく悔しかったし、その後にいろんなものがプレーバックしてきたというか……。高校で初めて部活動を経験して、サッカーだけじゃなく一緒に授業を受ける仲間たちとともに過ごして、本当にかけがえのない3年間だったなって」
 
――仲間との絆を学べたのが高校時代だったと。
「それは間違いないです。高校の3年間が僕の人生で一番濃かったと思いますね」
 
――高校生活を通して、今一番活きているものは?
「やっぱり人間性の部分です。挨拶とかそういう部分は監督からいつも口酸っぱく言われていました。まず立派なサッカー選手になる前に人としてしっかり自立しなければいけないと。そこは今も忘れていません」
 
――そして高校を卒業して、湘南に入団します。複数クラブから声がかかっているなかで、湘南を選んだ理由は?
「練習参加に全部いかせてもらったんですけど、特に湘南のトレーニングはハードで、やり応えがあった。雰囲気もすごく良くて、遠慮なくできるチームだった。あとは者さんの存在はすごく大きかったですね」
 
――湘南の練習を見ていると、年齢関係なく意見を言える空気感があって、雰囲気がすごく良いですよね。
「まさに良いなと感じたのは、そこです。優しい先輩たちがいて思い切りプレーできるというのは、高卒1年目の人からしたら、本当に良い環境だと思います」
 
――古巣のFC東京ではなかったのですね。
「もちろん考えなくはなかったですけど、特に古巣だからという想いはなかったです。自分の成長を考えた時に、単純に湘南のほうが合っている気がしたんです」
 
――実際にプロに入って、高校と違いを感じたのはどこですか?
「1対1の駆け引きです。そこはすごく差を感じました」
 
――対人は高校時代からすごく自信があったはず。それでもプロは違ったのですか?
「高校時代はそんなに気を遣わなくても勝てた部分がありました。ポジショニングとかヘディングの競り方とかもあまりこだわらなくても、身体能力でカバーできていたので。でもプロに入って、ヘディングで全然勝てなくなった。位置取りや身体をぶつける技術とか、そういう難しさを痛感させられて、すごく考えるようになりました」
 
――さらにプロになってからの大きな変化が、左ウイングバックへのポジションチェンジ。大きなチャレンジだったと思いますが、やってみてどうでしたか?
「初めは当然戸惑いがありました。高校時代までのプレースタイルではまったく予想もしていなかったポジションでしたし。でも、者さんのおかげで、自分のベストなポジションを発掘できたのかなって今は思います」
 
――プレーの幅は広がったのでは?
「そうですね。CBをやっていた高校時代よりもクロスの回数は多いですから。それに足が遅かったという不安も、今はもうなくなって、自分の可能性を広げられました」
 
――プロに入った時も、スピードにコンプレックスがあったのですか?
「自信はなかったです。ほらサイドのポジションってやっぱりスピードがある選手がやるところじゃないですか。僕に出来るのかなって」

――足の遅さを克服するために、誰よりも遅くまで自主練をしたり、すごく負けず嫌いなんでしょうね。
「そうですね。あまり人と比べるのは良くないですけど、でも、“他の人より”という気持ちは大きいです」
 
───◆───◆───
 
 9月13日にお届けする後編では、大きな影響を受けた者貴裁監督への信頼、コパ・アメリカで得た刺激、今後の代表でのビジョンを話してもらっている。

PROFILE
杉岡大暉/すぎおか・だいき/1998年9月8日生まれ、東京都出身。182臓75繊レジスタFC―FC東京U-15深川―市立船橋高―湘南。超エリート校・市立船橋高で研鑽を積み、3年次にはキャプテンを担うと、インターハイで日本一に輝く。湘南でスタートさせたプロキャリアでは、ルーキーイヤーにJ2制覇、翌年にルヴァンカップ優勝を経験。今年6月に開催されたコパ・アメリカでは初めてA代表に選出された。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)