1点目、2点目の起点となった中島翔哉。視野の広い本来のプレーでパラグアイを翻弄。 (C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 キリンチャレンジカップの日本代表対パラグアイ代表の一戦が9月5日、県立カシマサッカースタジアムで、19時20分のキックオフで行なわれている。

 前線には1トップに大迫勇也を起用。1.5列目に南野拓実を配し、左に中島翔哉、右に堂安律が入った。今夏にレアル・マドリーに移籍し、現在は期限付き移籍でマジョルカに加入している久保建英は、ベンチスタートとなった。

 パラグアイ代表の先発にはDFグスタボ・ゴメス、ファビアン・バルブエナ、FWアルナルド・サナブリア、ミゲル・アルミロンらが名を連ねている。

 カタール・ワールドカップの2次予選を5日後に控えたテストマッチに、サポーターたちの注目度も高いようだ。

「どんな試合を見せてくれるのか、楽しみです」
「久保選手にめちゃくちゃ期待してます! 出場して欲しいなぁ!」
「冨安と堂安がどんなプレーするか楽しみ!」
「試合前のフェアプレー宣言、初めて聞いた」
「国歌終わった!さあ、W杯予選前ラストマッチ」
「唯一のJリーグ勢!! 嬉しい!! 橋本選手!」
「なんかパラグアイ、普通に上手いな」
「流れはいいね!あとは決めるだけじゃん!!」
「冨安、若いけどほんと風格あるし安定してるよね。安心できる」
「先制点の大迫半端ねぇ〜さすが」
「粘り強いカウンター、リアルにうわぁーって声出た」
「コースがあまりなかったし、ちゃんと股抜き狙ってるし、そもそもカウンターであそこまで走ってるのがえらいしで、堂安を責める気はないけれど」
「まぁキーパーうめぇんだよな」
「南野ぉぉぉ!!! ナイスぅぅぅ!!!」
「すぐに南野いかずに酒井に出した中島も、ちゃんと逆側見て戻した酒井も、そして待ってた南野もナイスチームプレー!」
「見てて楽しいけど最終予選でも本戦でもこんなん見れたら最高」
「久保建英と植田直通がこの時間帯にウォーミングアップ開始ってことは、後半頭からあるぞ」
「日本のキーパーもよいぞ、権田」
「香川本田岡崎の頃も好きだけど、今も見てて楽しい」

 前半を2-0で折り返した日本。後半、さらに追加点を奪うことができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部