「日韓のぎくしゃく」がスポーツ界に影響した強烈な過去事例、WBC、サッカー五輪…

写真拡大

 熱戦が相次ぎ、盛り上がりを見せた今夏の甲子園大会。その余韻も消えぬまま、高校野球ファンにとっては楽しみな大会が開催されています。韓国で行われるU−18ワールドカップです。

「令和の怪物」こと大船渡の佐々木朗希投手や、星稜を準優勝に導き、甲子園の「主役」を務めた奥川恭伸投手らが日本代表メンバーに名を連ねていることからも、注目の今大会。しかし、日本と韓国の関係が悪化する中で、その影響を危惧する声も聞こえてきます。

 高校日本代表は8月28日に現地入りしたのですが、安全上の配慮から、選手やスタッフは日の丸や「JAPAN」のロゴがついていないポロシャツを着用しました。高校の代表チームとしては前代未聞の対応です。

 高野連関係者は「むやみに日の丸を出すのはやめようと。刺激するのは得策ではない」とコメントしました。これには「日本代表が堂々とできないなんて、そんな国にわざわざ行く必要があるのか」「大人が青少年に『日の丸を隠せ』と指示するとは、絶対におかしい」といった声も挙がっています。

 日韓のぎくしゃくした関係が、スポーツ界に暗い影を落とした例はこれまでにもありました。強烈な印象を残した出来事を振り返ってみましょう。

2006年 第1回WBC


 伏線は開幕前のイチローの発言にありました。

 「向こう30年、日本にはちょっと手を出せないみたいな、そんな感じで勝ちたいなと思ってます」

 サービス精神旺盛なイチロー特有の盛り上げコメントだったのでしょうが、そこは韓国選手団に韓国メディア。案の定、過剰に反応し、敵意むき出しで日本戦に臨んできました。

 イチローが打席に立つと、韓国応援団からは大ブーイング。闘志全開の韓国ナインは第1ラウンドで日本に競り勝ち、第2ラウンドでも完封勝ち。すると、試合後にはあまりに気分を良くしたのか、韓国の国旗である太極旗をマウンド上に立てるパフォーマンスに打って出るのです。

 これにはイチローも思わず放送禁止用語を叫ぶシーンがテレビ放送で流れてしまい、試合後の会見でも「僕の野球人生で最も屈辱的な日」とのコメントを発することになります。

 痛快きわまりない韓国国内の世論とは対照的に、日本国内は「品が無さ過ぎる」「民度が低い」「相手に対する敬意をかけらもない」と非難囂々となりました。

 そしてイチロー擁する日本代表は、準決勝で韓国に圧勝。キューバとの決勝も制し、世界一に躍り出ます。今、振り返ると「太極旗、マウンド上に突き刺し事件」は、広く世間一般へとWBCへの関心を集める、大きな働きを果たしたといっていいでしょう。

・合わせて読みたい→
高校野球U-18「韓国人から脅かされたり…」と質問した韓国記者、会見場から一発退場(https://cocokara-next.com/stress/korean-reporter-leave-the-conference-hall/)

2012年 ロンドン五輪男子サッカー3位決定戦

 この日韓戦は、当時の李明博大統領が竹島を電撃訪問した翌日、銅メダルをかけて行われました。韓国は日本を2―0で撃破。銅メダルを手中に収めます。すると、MFの朴種佑は上半身を裸になり、ハングルで「独島は我々の領土」と書かれたメッセージボードを掲げ、1分間フィールドを駆け回ったのです。

 韓国メディアの中には「感動のセレモニーだった」と称賛する声もありましたが、IOCのジャック・ロゲ会長は「明らかに政治的な表現とみるべきだ」と、五輪施設などでの政治的な宣伝活動を禁じた五輪憲章に背いているとの見解を示し、大問題に発展しました。

 ちなみにFIFAからの処分は、代表戦2試合の出場停止と罰金3500スイスフラン(30万円)という、あまりに軽微なものでした。

2013年 サッカー東アジア杯日韓戦

 この年のソウルで7月28日に行われたサッカー日韓戦で、韓国の応援団が日本の応援席に向け「歴史を忘却した民族に未来はない」とハングルで記された巨大横断幕を掲げる出来事がありました。

 試合は日本が2―1で韓国に勝ち、初優勝しましたが、横断幕を掲げたサポーターが「韓国サッカー協会が(ハーフタイムに)横断幕を強制撤去したので、これ以上、韓国代表の応援ができなくなりました」とSNSに投稿。後半の応援はボイコットしたことを綴るなど、騒ぎになりました。

 菅官房長官は「極めて遺憾だ。国際サッカー連盟は応援時の政治的な主張を禁じている。事実が明らかになった段階で、FIFA規約などを踏まえて適切に対応する」と発言し、下村文部科学相も「その国の民度が問われる」と批判するなど、国際問題化しました。

 ちなみに韓国サッカー協会の対応はといえば…。事の発端は、日本代表のサポーターが旭日旗を振ったことであり、協会側は横断幕を撤去させるために最善を尽くしたと釈明する文書を主催の東アジア連盟に提出しました。このあたりの、なかなか非を認めないところも、韓国流といえるかもしれません。

 ちなみに現在、U‐18W杯が行われている釜山近郊の機張は「拍子抜けするほど平和な空気が流れている」だとか。政治とスポーツはやはり別物。お互いに敬意を表した上で、ベストゲームを繰り広げてほしいものです。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]