マンチェスター・シティとリバプールが半分以上を占める

写真拡大

 イングランド・プレミアリーグは、開幕から約1か月が経ち、4試合を消化。英『スカイ・スポーツ』がここまでのベストイレブンを選出している。

 現在プレミアリーグは、昨季2位のリバプールが開幕4連勝を飾り、3連覇を目指すマンチェスター・シティも3勝1分の無敗で追走している状況。一方でマンチェスター・ユナイテッドとチェルシー、トッテナムが1勝2分1敗で思うように勝ち点を伸ばせず、昨季7位と躍進したウォルバーハンプトンも3分1敗で未だ白星を挙げられていない。

 今回、『スカイ・スポーツ』が発表した“開幕1か月”のベストイレブンには、シティから最多4人を選出。すでに6ゴールを挙げているFWセルヒオ・アグエロ、5アシストのMFケビン・デ・ブルイネ、4試合中2試合がクリーンシート(無失点試合)のGKエデルソン、リーグ2位の5得点をマークしているFWラヒーム・スターリングが選ばれた。

 また、リバプールから昨季のUEFA最優秀選手賞を受賞したDFフィルヒル・ファン・ダイク、右サイドバックのDFトレント・アレクサンダー・アーノルドの2人が名を連ね、2勝2分と無敗のレスターからDFチャグラル・ソユンチュも選出された。

 以下、ベストイレブン&監督と控え選手

▼監督

ジョゼップ・グアルディオラ

▼GK

エデルソン(マンチェスター・C)

▼DF

アルトゥール・マスアク(ウエスト・ハム)

チャグラル・ソユンチュ(レスター・シティ)

フィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)

トレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)

▼MF

メイソン・マウント(チェルシー)

ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)

ジョン・マッギン(アストン・ビラ)

▼FW

テーム・プッキ(ノリッジ)

セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

▼控え

GKビセンテ・グアイタ(クリスタル・パレス)

DFリカルド・ペレイラ(レスター・シティ)

DFファビアン・シェア(ニューカッスル)

MFダニエル・ジェームズ(マンチェスター・U)

MFユーリ・ティーレマンス(レスター・シティ)

FWアシュリー・バーンズ(バーンリー)

FWロベルト・フィルミーノ(リバプール)