映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』最強の刑事コンビが再び

写真拡大

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』が2020年1月31日(金)に全国で公開される。

バッドボーイズ - 最強のデコボコ刑事コンビ

1995年、ジェリー・ブラッカイマーがプロデュース、世界一派手なアクション映画監督マイケル・ベイのデビュー作となったのがバッドボーイズ。スタイリッシュな映像でアクション映画の真髄を伝え、ブラッカイマー×ベイコンビの金字塔を打ち立てた。その後、彼らは様々な映画でコンビを組んだ。

マイアミを舞台に、ウィル・スミス×マーティン・ローレンスが演じる2人の刑事が麻薬特捜に挑んでいった。コメディタッチでありながら、敏腕刑事たちの、カーアクションと銃撃戦をたっぷりと盛り込み、新しいタイプのアクション映画として人気となった。

それと同時に、ウィル・スミスがハリウッドでスターになったのもこの映画の影響が大きい。8年後の2003年『バッドボーイズ 2バッド』で再びブラッカイマーとベイの製作チームでタッグを組んだ。

バッドボーイズ フォー・ライフでは…

『バッドボーイズ フォー・ライフ』でも二人の刑事は健在。主演はもちろんウィル・スミスとマーティン・ローレンス。 この2人が強力タッグを組んでこその“バッドボーイズ”二人の危険すぎるワイルドで無鉄砲な捜査が、マイアミを舞台に縦横無尽に展開される。そして今回は、引退を真剣に考えているマーカスに対し「これが最後だ」とマイクがコンビとして最後の共同捜査を依頼。再び、ミッションに挑んでいく。

マイク・ローリー(ウィル・スミス)

父から残された遺産がありお金持ち。ブランド物のスーツを着こなし、ポルシェを乗りこなす。刑事としては腕利きなのだが、かなりイケイケな性格であることから問題につながることも…。

マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)

家族こそが守るべき大切なものとする誠実な性格。マイクと違い危険な職務に臨むことには消極的。それでもマイクとはバットボーイズとして愛称は抜群。

監督は『Black』(原題)という映画で注目を集めたアディル・エル・アルビとビラル・ファラーという新鋭監督コンビを抜擢されている。

【詳細】

『バッドボーイズ フォー・ライフ』
公開日:2020年1月31日(金)全国ロードショー
監督:アディル・エル・アルビ、ビラル・ファラー
出演:ウィル・スミス、マーティン・ローレンス
配給:ソニー・ピクチャーズ


[写真付きで読む]映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』最強の刑事コンビが再び

外部サイト

  • ジュマンジ続編は映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』危険なボードゲームが再び
  • ディズニーが往年の名作アニメや童話を実写映画化 - 過去の作品から新作まで網羅
  • 田中圭主演の恋愛映画『mellow(メロウ)』お洒落な花屋&廃業寸前のラーメン屋が舞台に