U-22日本代表の横内昭展監督

写真拡大

 北中米遠征中のU-22日本代表は3日、メキシコのセラヤ市内で2部練習を行い、午後は11対11のフォーメーション練習を行うなど、約1時間半汗を流した。

 午前中から引き続き全22選手が集まった午後練ではウォーミングアップをこなすと、ボールを使った練習に移行し、パス回しや狭いエリアでの10対10を行い、攻守に分かれて戦術を確認。最終ラインに入ることが予想されるDF岩田智輝(大分)、DF町田浩樹(鹿島)、DF大南拓磨(磐田)、DF立田悠悟(清水)、DF岡崎慎(FC東京)、DF瀬古歩夢(C大阪)はラインコントロールなどを、その他のフィールドプレーヤーはサイドからの攻撃の形を確認し、その後は11人対11人のフォーメーション練習を行って2部練を締めくくった。

●フォーメーション練習の並び

(ともに3-4-2-1を採用)

【ビブスあり】

   上田

 遠藤 渡辺

杉岡    長沼

 齊藤 田中

町田 岡崎 岩田

   大迫

【ビブスなし】

   小川

 安部 前田

菅     橋岡

 松本 高

瀬古 立田 大南

   小島

 標高約1700メートルという高地でのトレーニングに、横内昭展監督代行は「結構な数の選手が今日はきつかったという反応があった」と語り、さらに前日に飛行機で約12時間、バスで約4時間の移動でセラヤに到着したばかりということもあって、「時差で眠れていない選手もいて、きつかったかなと思う」と初日のトレーニングを振り返った。

 疲れはあるだろうが、納得いかない部分もあり、「切り替えの早さ」について練習の最後にダメ出し。「そこは日本の良さでもある。頭さえしっかり動かしていれば、すぐに実行できるところ。そこは常に言っているのに、あまり僕の期待ほどではなかった」と選手たちに厳しい言葉をかける場面もあった。

 今回のメンバーはトゥーロン国際大会とコパ・アメリカに出場した選手たちが集結している。「それぞれの大会で皆が良い経験をした。また新たなチームで、それぞれが出た大会よりも積み上げたもの、さらに良いパフォーマンスを見せられたらと思う」と、“喝”を入れた選手たちに期待を寄せた。チームは活動期間中の4日に地元のセラヤFCと練習試合を行い、6日にU-22メキシコ代表、9日にU-22アメリカ代表との親善試合に臨む。

(取材・文 折戸岳彦)