マドリーに移籍したアレオラ

写真拡大

フランス代表の監督ディディエ・デシャンは、GKアレオラのレアル・マドリー移籍について言及している。
出場時間の減少は同GKだけでなく、代表チームにも影響を与えることを指摘している。

ディディエ・デシャンはフランス代表の練習初日に行われた記者会見で、レアル・マドリーに移籍したアレオラの状況についてコメントを残した。

同フランス人指揮官はパリ・サンジェルマン(PSG)とマドリーが行なったオペレーションにはあまり満足していない様子を見せた。

多くの人々と同様に同指揮官はアレオラが新天地で多くの出場機会を手にすることはできないのではないかと考えているようであった。
そして「もし彼を使わなければ、問題になるかもしれない」と指摘している。

デシャンは次の10月の招集に向けて、同GKの出場具合を気にかけていくことを断言している。「キーパーであれフィールドプレイヤーであれ、きちんと試合に出ている方が良い。彼がどれだけ試合に出るか見てみよう。そして次の招集リストがどうなるかもね」

現在、アレオラはコパ・デル・レイ要員のGKになることが予想されているが、ジダンはどこかの試合で世界王者を経験したGKにチャンスを与えるかもしれない。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>