グエンドゥージ、フランス代表初招集で受けた「いたずら」がおもしろい

写真拡大

今週のインターナショナルマッチウィークで、初めてフランス代表チームに招集されたマッテオ・グエンドゥージ。

アーセナルでブレイクしている20歳の俊英は、ポール・ポグバの怪我によって緊急招集を受け、U-21代表のキャンプから合流することになった。

彼はその呼び出しを受けた際のエピソードについてこのように話しているとのこと。

マッテオ・グエンドゥージ

「昼寝をしていたら、誰かが扉をノックしたんだ。寝ていたから放っておいたよ。

それから電話が鳴った。リポリ監督からだ。彼は『ノックしたんだが』と言ったよ。

言うまでもなく僕はすぐに扉を開けた。そして彼は言うんだ。『マッテオ、話さなければならないことがある』と。

『私は君のことが気に入っている。しかし…君はここから離れなければならないんだ…』と言われた。

僕は『どういう意味ですか。ここを離れなければならないというのは』と答えたよ。

そうしたら『なんと…君はフランス代表に行くことになるからさ』と言われたんだ。

これは夢だよ。目を覚ますためにシャワーを浴びているだけで嬉しかったさ」

U-21代表のシルヴァン・リポリ監督にはちょっとした「いたずら」を受けていたようだ。

【関連記事】「エムバペらフランス代表選手たちの私服センスをチェックせよ」

ディディエ・デシャン監督とも初めて対面し、世界王者フランス代表の一員になったことに感動したグエンドゥージ。果たしてどんなプレーを見せるだろうか?