19-20イタリア・セリエA第2節、ユベントス対ナポリ。観客席から試合を見守るユベントスのジョルジョ・キエッリーニ(右、2019年8月31日撮影)。(c)Isabella Bonotto / AFP

写真拡大

【AFP=時事】イタリア・セリエAのユベントス(Juventus)は3日、膝の靱帯(じんたい)を断裂したDFジョルジョ・キエッリーニ(Giorgio Chiellini)の手術が成功したと発表し、復帰までに6か月かかる見通しだと明かした。

 ユベントスは「きょうの午後、ジョルジョ・キエッリーニは右膝前十字靱帯の再建術を受けた」とコメントし、無事成功に終わったと説明した。

 国内リーグ8連覇中のユベントスはこの夏、20歳のオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(Matthijs De Ligt)を獲得した。しかし、ユベントスが4-3で競り勝った前週末のナポリ(SSC Napoli)戦でチームは後半に3失点を喫しており、デ・リフトのデビュー戦はほろ苦いものとなった。

 ナポリ戦でユベントスが見せた守備面のパフォーマンスは、キャプテンを務めるキエッリーニの不在がチームにとって打撃になることを示唆していた。

 35歳のキエッリーニを欠くことになるユベントスは、他にレオナルド・ボヌッチ(Leonardo Bonucci)やダニエレ・ルガーニ(Daniele Rugani)、あるいは今夏にサッスオーロ(US Sassuolo)から獲得したメリヒ・デミラル(Merih Demiral)を頼りにすることになる。

【翻訳編集】AFPBB News