アーセン・ヴェンゲル

写真拡大

長い期間アーセナルを率いていた元監督のアーセン・ヴェンゲルは、最終的にパリ・サンジェルマン(PSG)に残ることになったネイマールの一件について、自身の意見を述べている。

交渉に多くの時間が使われた後、アーセナルの元監督は『beIN Sports』への発言の中で、この最終的な結末に歓迎的な姿勢を見せている。

「ネイマールは世界で最も優れた選手の一人だと思うし、PSGに残ってくれて私は嬉しいよ」とフランス人指揮官はコメントしている。

「違いを生み出せる選手を抱えることは、お金があったとしても難しいことである。そういった選手がいるのであれば、出来る限り彼らをキープしていたいものだ」とヴェンゲルは続けている。

ネイマールは現在、代表活動のためにマイアミに滞在しているが、PSGに戻った際には、新たに2人の新加入選手と顔を合わすことになる。

それは、インテルから1シーズンのレンタル移籍で加入したアルゼンチン人FWマウロ・イカルディと、レアル・マドリーから獲得したGKケイラー・ナバスである。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!