元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ氏

写真拡大

 FC岐阜は3日、先月に元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ氏(44)が参加したトークショーの動画をクラブ公式ユーチューブチャンネルで公開した。

 デル・ピエロ氏は現役時代にユベントスなどで活躍。UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇や6度のスクデット獲得を経験した。イタリア代表では通算91試合で27得点を記録。W杯は1998年、2002年、2006年と3大会連続で出場し、2006年のドイツ大会では母国の4度目の世界一に貢献した。

 また、親日家として知られ、漫画『キャプテン翼』の大ファンでもある。岐阜から同漫画の主人公『大空翼』のロゴがデザインされたクラブのユニフォームをプレゼントされた縁で、昨年から交流があった。

 今回は8月25日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたJ2第29節の柏戦に来場。2年連続で岐阜を訪れ、トークショーなどさまざまなイベントに参加した。

 トークショーでは事前にファン・サポーターから募集した質問コーナーが設けられ、その中で「現役時代に対峙したDFやGKで最も手強かった選手は?」と問われたデル・ピエロ氏。「いっぱいいるんですが、私に点を取らせなかった選手全員を称えたいと思います」と答えると、会場からは拍手が起こった。

 続けて「何名か名前を挙げられるんですが、今まで対戦した選手全員がとても強く、試合しにくかったです。特にイタリアでは能力の高いGKがいっぱいいますので、そういう部分でとてもやりづらかった選手は多かったです」とコメント。イタリアのレジェンドは過去に対戦した選手それぞれに敬意を示した。