元レアルDFメッツェルダー、児童ポルノ容疑で捜査

写真拡大

かつてドルトムントやレアル・マドリーなどでプレーした元ドイツ代表DFクリストフ・メッツェルダー。シャルケでは内田篤人とも同僚だった彼は2014年に引退している。

38歳になったメッツェルダーだが児童ポルノの容疑で捜査を受けたと『Bild』が伝えた。

警察当局は彼の自宅アパートを捜索し、携帯電話を押収したという。3週間前、メッツェルダーと1年ほど交際している女性が警察に出向き、彼から送られてきた15枚以上の児童ポルノ写真を提出したとも。