アル・パチーノ、「地獄の黙示録」断った理由

写真拡大

アル・パチーノ(79歳)は、「地獄の黙示録」への出演オファーが来ていたものの、遠いロケ地に出向いて撮影をしたくなかったため、それを断ったそうだ。

1979年に製作され、称賛を受けた、ベトナム戦争を描いたフランシス・フォード・コッポラ監督作品で、ウィラード大尉役のオファーを受けたパチーノは、フィリピンのマニラまで行って撮影をする気になれず、その役はマーティン・シーンのもとへ渡ったという。

エンパイア誌の最新号でパチーノはこう話している。

「心の準備が出来ていなかったんだ。僕の人生において、遠いロケ地へ行ってあのような映画を作る時じゃなかったんだ」

また、当時コッポラ監督から“出不精”とからかわれたそうで「あのときコッポラはこう言ったよ。『パチーノは、自宅がロケ地じゃないと映画に出ない』ってね。だから僕は、『そうです、我が家に来て下さいよ。地獄の黙示録をここで撮影したらいい。どうにかなりますよ』って言ったんだ」と振り返っている。

ちなみに同作品は、1976年5月にマニラを襲った台風により全てのセットが破壊される憂き目に遭い、撮影期間は2年にも及んでいる。

しかしパチーノとコッポラは他作品でタッグを組んでおり、「ゴッドファーザー」3部作では、パチーノが全作品にマイケル役で出演している。