左からマグワイア、アザール、J・フェリックス、グリエーズマン、そしてデリフト。今夏の移籍市場を沸かせた“トップ5”だ。(C)Getty Images

写真拡大

 またしても史上最高額を更新した。
 
 世界最大手の統計会社『Deloitte』の集計によると、イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランスのいわゆる欧州5大リーグの所属クラブが今夏市場に投下した移籍金総額は、55億ユーロ(約6875億円)に達したという。これまでの最高額だった「2018年夏」を9億ユーロ(約1125億円)も上回る新記録で、尋常ではない活況を呈したことが分かる。
 
 国別で見るとイングランドの15億5000万ユーロ(約1936億円)が総額トップ。しかしこれは過去4年間でもっとも低い数値で、買い手市場としてダントツの存在感を示すには至らなかった。一方で2番手のスペインが13億7000万ユーロ(約1713億円)と肉薄。もしネイマールのパリ・サンジェルマンからバルセロナへの移籍が成立していたら、1位の座を奪取していたかもしれない。3位はイタリアの11億7000万ユーロ(1463億円)で、4位のドイツが7億4000万ユーロ(約925億円)、5位のフランスが6億7000万ユーロ(約838億円)と続く。
 
 選手別の移籍金ランキングで見ると、1位はベンフィカからアトレティコ・マドリーに移籍したジョアン・フェリックスの1億2600万ユーロ(約158億円)が最高値。2位が待望のバルセロナ入団を果たしたアントワーヌ・グリエーズマンの1億2000万ユーロ(約150億円)で、3位がレアル・マドリー最大の目玉補強であるエデン・アザールの1億ユーロ(約125億円)となり、スペイン3強が上位を独占した。

 
 史上最高額のDFとなったのが、レスター・シティからマンチェスター・ユナイテッドにステップアップしたハリー・マグワイアだ。移籍金8700万ユーロ(約109億円)は4番手の数値。5位には同じくCBで、アヤックスからユベントスに鳴り物入りで入団したマタイス・デリフトの8550万ユーロ(約107億円)が食い込んだ。
 
 ランキング上位20件の内訳で見ると、プレミア勢が9件にラ・リーガ勢が8件と、両リーグが合わせて全体の85%を占め、セリエA勢は2件、ブンデスリーガ勢は1件にとどまった。リーグ・アン勢(とりわけパリSG)が1件も入っていないのは、近年にない事例だろう。
 2019年夏の「高額移籍金ランキングTOP20」は以下の通りだ。
 
1位:ジョアン・フェリックス(ベンフィカ→A・マドリー) 1億2600万ユーロ(約158億円)
2位:アントワーヌ・グリエーズマン(Aマドリー→バルセロナ) 1億2000万ユーロ(約150億円)
3位:エデン・アザール(チェルシー→R・マドリー) 1億ユーロ(約125億円)
4位:ハリー・マグワイア(レスター→マンチェスター・U) 8700万ユーロ(約109億円)
5位:マタイス・デリフト(アヤックス→ユベントス) 8550万ユーロ(約107億円)
6位:リュカ・エルナンデズ(A・マドリー→バイエルン) 8000万ユーロ(約100億円)
6位:ニコラ・ペペ(リール→アーセナル) 8000万ユーロ
8位:フレンキー・デヨング(アヤックス→バルセロナ) 7500万ユーロ(約93億7500万円)
9位:ロドリ(A・マドリー→マンチェスター・C) 7000万ユーロ(約87億5000万円)
10位:ジョアン・カンセロ(ユベントス→マンチェスター・C) 6500万ユーロ(約81億2500万円)
10位:ロメル・ルカク(マンチェスター・U→インテル) 6500万ユーロ
12位:ルカ・ヨビッチ(フランクフルト→R・マドリー) 6000万ユーロ(約75億円)
12位:タンギ・ヌドンベレ(リヨン→トッテナム) 6000万ユーロ
14位:アーロン・ワン=ビサカ(C・パレス→マンチェスター・U) 5500万ユーロ(約68億7500万円)
15位:ミリトン(ポルト→R・マドリー) 5000万ユーロ(約62億5000万円)
16位:フェルラン・メンディ(リヨン→R・マドリー) 4800万ユーロ(約60億円)
17位:ロドリゴ(サントス→R・マドリー) 4500万ユーロ(約56億2500万円)
17位:マテオ・コバチッチ(R・マドリー→チェルシー) 4500万ユーロ
17位:ユーリ・ティーレマンス(モナコ→レスター) 4500万ユーロ
20位:ジョエリントン(ホッフェンハイム→ニューカッスル) 4400万ユーロ(約55億円)
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部