練習中に笑顔を見せるDF冨安健洋

写真拡大

 セリエA仕込みの守備を見せる。今夏、シントトロイデンからボローニャへ移籍した日本代表DF冨安健洋。新天地では開幕から公式戦3試合連続フル出場中だが、そのポジションは右サイドバックということもあり、「練習から感覚を取り戻さないといけない」とセンターバックへの順応も急ぐ。とはいうものの、「イタリアのサイドバックは逆サイドにボールがあるとき、かなり絞る。クロス対応もするし、そういう意味では(センターバックと)似ているところもある」と大きな不安はない。

 カテナチオという言葉や“ウノゼロの美学”として1-0勝利が称賛されるサッカー文化でも知られるイタリアサッカーだが、「サイドバックをやっているけど、かなり絞るし、自分の内側を通させないというのは厳しく言われる。体の向きも、マークの付き方も細かく言われるし、日本で言われてきたことをより細かく、強く言われている感じ」と率直な印象を口にする。

 シーズンは開幕したばかりだが、「ベルギーでやっていたときと比べると、1試合終わったときのダメージがかなり違う」と、その強度にも違いを実感している。「インテンシティーが高いし、1試合に懸ける思いも、選手だけでなく、サポーターも含めて熱が違うなというのはホーム開幕戦で思った」。ホーム開幕戦となった前節のSPAL戦は同じエミリア地方に拠点を置くダービーマッチということもあり、その重みは特別だったようだ。

 東京五輪世代の20歳は森保ジャパンにおいてすっかりフル代表の常連となり、定位置をつかんでいる。6月のコパ・アメリカも全3試合にフル出場。それでも「一番最初に比べたら違うとは思うけど、周りのことを気にしてとかはない。今後そういう余裕が出てきたらいいなと思う」と、昨年9月のA代表初招集から変わらぬ初々しさも残す。

 そんな冨安にとって初めて迎えるW杯アジア予選。セントラル方式の集中開催となることが多いアンダー世代のアジア予選と異なり、W杯予選は長丁場のホーム&アウェー方式で行われる。「緊張感も違うと思うし、気候も違う。そこに合わせていかないといけないけど、気を張りすぎないことも大事。メリハリを付けてやっていきたい」と、あくまで自分らしく、自然体で挑むつもりだ。

(取材・文 西山紘平)