ブレーメンの大迫 photo/Getty Images

写真拡大

ブレーメンで日本代表FW大迫勇也が覚醒の時を迎えている。

昨季はリーグ戦21試合に出場して3得点だったが、今季は開幕3試合ですでに3得点を決めてしまった。1日のアウグスブルク戦では強烈なボレーシュートを含む2得点を記録してチームの今季初勝利に大きく貢献。間違いなく今季の大迫は一味違う。

独『Sport.de』も大迫を称賛しており、「日本のFWがますますブレーメンの新しいスターになりつつある。チームのキープレイヤーであり、マックス・クルーゼがイスタンブールへ向かってから重要なポイントになっている」と取り上げている。

エースだったクルーゼが退団したことが影響しているのは間違いなく、大迫は攻撃陣をリードする中心的選手となっている。ボールを収める能力だけでなく、得点力もあることをアピールする絶好のチャンスと言えよう。

大迫がブンデスリーガで最も多くの得点を決めたのは、ケルンに在籍していた2016-17シーズンでリーグ戦7得点だ。今の勢いならばその数字をあっさりクリアできそうだが、二桁まで得点を伸ばせるのか。ちなみにクルーゼは昨季リーグ戦11得点を記録しており、これを超えられれば理想的か。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/