イタリアへ戻ったカリニッチ

写真拡大

31歳のクロアチア人ストライカー、ニコラ・カリニッチは今シーズン、セリエAのASローマでプレーする。アトレティコ・マドリーはカリニッチの1シーズンのレンタル移籍を正式発表し、彼のフットボーラーとしての新たな時代の幸運を祈った。

ローマはカリニッチをレンタルで獲得するために200万ユーロ(約2億3,000万円)を支払う。さらにシーズン終了後には900万ユーロ(約10億5,000万円)での買取オプションも付いている。

カリニッチは昨夏、ACミランからアトレティコに加入し、3年契約を交わした。しかし、“チョロ”・シメオネの指揮下での彼のパフォーマンスは期待されていたものではなかった。

カリニッチは24試合出場(先発12試合)でわずか4ゴールにとどまり、フィールドプレーヤーで最も出場時間が短い選手となっていた。(1,173分)

今回のローマ移籍はカリニッチにとって、セリエAに属する3つ目のクラブとなる。彼は2015年から2017年にかけてフィオレンティーナに所属し、公式戦84試合33ゴールというハイレベルなパフォーマンスを披露した後、2017/18シーズンはミランで41試合出場6ゴール・6アシストという記録を残した。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>