『影裏』沼田真佑の芥川賞受賞作が映画化 - 綾野剛×松田龍平初共演、岩手が舞台のヒューマンミステリー

写真拡大

芥川賞受賞作・沼田真佑の小説『影裏』が映画化。2020年2月14日(金)に全国公開される。大友啓史監督作品。

芥川賞受賞作『影裏』実写化

2017年文學界新人賞を受賞し、同年第157回芥川賞を受賞した沼田真佑の小説『影裏』は、岩手県を舞台にしたヒューマンミステリー。高い技巧と繊細で美しい文章の交差で文壇を驚愕させ、人間の心の裏側や、現代社会における繊細なテーマを描いた純文学作品だ。

物語の主人公となるのは、赴任した慣れない土地での生活に戸惑うサラリーマン・今野。そんな彼は、ある日突然失踪した親友・日浅の足跡をたどるうちに、彼の“もう1つの”裏の顔を知っていく。共に日々を分かち合ったはずの日浅の“真実”はどこにあるのかー?

綾野剛×松田龍平が親友役に

物語のメインキャラクターを務めるのは、『パンク侍、斬られて候』『亜人』の綾野剛と、『泣き虫しょったんの奇跡』で主演を務めた松田龍平。主人公の会社員・今野を綾野剛、その親友役で失踪した日浅を松田龍平がそれぞれ務める。ちなみに2人の共演は、初となる出来事だ。

メインキャラクターの脇を固めるのは、演技派ぞろいのキャストたち。物語に深みをもたらすキャラクターたちの特徴と共に紹介しよう。

日浅征吾役(國村隼)
日浅の父。日浅の行方を捜し訪ねてきた今野に、隠された真実を告げる物語のキーマン。
西山役(筒井真理子)
今野と日浅の同僚で、自らも必死で日浅を探し求めている謎めいた女性。
副島和哉役(中村倫也)
今野を深く理解する昔の友人。
鈴村早苗役(永島暎子)
今野と同じアパートに住み、些細なことで今野を悩ませる口うるさい隣人。
日浅馨役(安田顕)
疎遠になってしまった弟に複雑な感情を抱く、日浅の兄。
清人役(平埜生成)
今野の年下の友人。

監督は『るろうに剣心』シリーズの大友啓史

監督は、NHK時代に「ハゲタカ」、「白洲次郎」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」と、数多くの人間ドラマを手掛け、フリー転身後は『るろうに剣心』シリーズ、『ミュージアム』、『3月のライオン』などのエンターテイメント作品で日本映画界を牽引する大友啓史。撮影は、原作の舞台でもある岩手県にてオールロケで行われた。

ストーリー

今野(綾野剛)は、会社の転勤で移り住んだ岩手で同僚の日浅(松田龍平)と出会う。慣れない地でただ一人、日浅に心を許していく今野。二人で酒を酌み交わし、二人で釣りをする、まるで遅れてやってきたかのような成熟した青春の日々に、今野は言いようのない心地よさを感じていた。しかし、日浅は突然、今野に一言も告げずに会社を辞めてしまう。

しばらくして再会をするものの、一度生まれた距離は埋まらず、ふたりは会わないまま時が過ぎていく―。そんな中、実は日浅が行方不明になっていることを耳にする今野。日浅を探そうとその足跡を辿るうちに、彼の周囲の人々の話から、今野は日浅の数々の影の顔、裏の顔を知ってしまう―。日の光の下、ともに時を過ごしたあの男の猖榲“はどこにあるのか―。

詳細

『影裏』映画化
公開時期:2020年2月14日(金)
出演:綾野剛、松田龍平、筒井真理子、中村倫也、平埜生成、 國村隼、永島暎子、安田顕
監督:大友啓史
原作:沼田真佑『影裏』(文藝春秋)


[写真付きで読む]『影裏』沼田真佑の芥川賞受賞作が映画化 - 綾野剛×松田龍平初共演、岩手が舞台のヒューマンミステリー

外部サイト

  • 映画『ロマンスドール』高橋一生×蒼井優、原作者タナダユキ監督で実写化、ラブドール職人と妻の恋模様
  • 映画『楽園』吉田修一の「犯罪小説集」を瀬々敬久監督で映画化、綾野剛・杉咲花ら出演
  • 映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』笑福亭鶴瓶×綾野剛×小松菜奈、帚木蓬生のベストセラー小説を実写化