キンチョウの研究所で火災 殺虫剤の耐久性試験中にスプレー缶爆発

ざっくり言うと

  • 「金鳥」の商標で知られる、大阪府豊中市の「大日本除虫菊」の中央研究所
  • 2日に職員の女性から「黒煙が上がり、爆発音が聞こえた」と通報があった
  • 殺虫剤の耐久性試験中に、スプレー缶が何らかの原因で破裂したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング