アーセナルのジャカ photo/Getty Images

写真拡大

激しすぎる攻撃合戦となったアーセナルVSトッテナムのノース・ロンドン・ダービー。その熱さに選手も興奮していたのだろうが、それが空回りしてしまったのがアーセナルMFグラニト・ジャカだ。

中盤の底で先発したジャカは左右にボールを散らす役割をこなしていたが、前半にはトッテナムFWソン・フンミンをペナルティエリアで倒してPKを与えてしまった。ソン・フンミンに対するジャカのタックルは完全に遅れており、ペナルティエリアで仕掛けるにはリスクが大きすぎるタックルだ。

最終的にアーセナルは追いついて2-2のドローに持ち込んだが、英『Daily Mail』によればサポーターもジャカのタックルには激怒している。ジャカはこれまでも何度かサポーターから批判を浴びてきたが、不用意なタックルからPKを与えてしまったことで売却を要求するサポーターも出てきたようだ。

「ハーフタイムに売却を」

「ジャカのタックルは初めてFIFAのゲームをやった子供のような守備だ」

英『sky Sports』で解説を務めるガリー・ネビル氏も「ジャカのタックルはおかしい。彼はあれを毎週、毎シーズンのようにやっている。彼は学習しているように見えない」と手厳しい。

ノース・ロンドン・ダービーの熱量で選手たちも興奮状態にあったのだろうが、ペナルティエリアで仕掛けるには大胆すぎるタックルだったか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/