PSGへローン移籍のリコ

写真拡大

パリ・サンジェルマンはセビージャのGKセルヒオ・リコを買取義務なしの1年間のレンタル移籍で獲得した事を発表した。

セビージャのSDモンチの構想から外れていたこのスペイン人GKは数週間前から移籍先を探していたが、条件の合うオファーが届かない事から控えGKとして1年間を過ごす事が予想されていた。

しかし、PSGの登場によってシナリオは変わった。
PSGは現実的に正GKとなる可能性が高いケイラー・ナバスの獲得と引き換えにアルフォンス・アレオラをレアル・マドリーにレンタル移籍に出すオペレーションに加えて、セルヒオ・リコの獲得に踏み切った。

セルヒオ・リコはパブロ・サラビアと再びロッカールームを共にする事となる。
今回は彼にとって2度目のレンタル移籍となる。昨シーズン、リコはフルハムの一員としてプレミアリーグを戦ったが、チームは残留する事ができなかった。

公式声明を通して、セビージャはセルヒオ・リコのプロフェッショナリズムに感謝し、彼の功績を讃えた。「モンテキント出身の彼はベンハミン(U-10)のカテゴリーでセビージャの下部組織に加入し、2014年9月14日にネルビオンで行われたヘタフェ戦でトップチームの選手としてデビューした。セルヒオ・リコは合計15,229分間に及ぶ公式戦170試合に出場し、58試合を無失点に抑えた」

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>