マルセイユFWべネデット

写真拡大

FCバルセロナのアントワーヌ・グリーズマンは、9月1日(日)にスタッド・ヴェロドロームで行われたリーグ・アンのオリンピック・マルセイユ対サンテティエンヌ戦(1-0)におけるマルセイユの決勝ゴールに大興奮している。

グリーズマンは、リーグ・アンのファンであり、その中でも幼少期から応援しているマルセイユの大ファンである。

マルセイユ対サンテティエンヌ戦で主役となったのが、前半にカウンターアタックからゴールを決めたアルゼンチン人FWダリオ・ベネデットである。
このゴールのあと、グリーズマンは自身の感情を爆発させ、ベネデットの名前をツイートしている。

グリーズマンは、バルサから各国の代表に招集された選手の1人であり、フランス代表の監督ディディエ・デシャンも2020EURO予選であるアルバニア戦(9月7日)とアンドラ戦(9月10日)においての貴重な戦力として考えている。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>