ネイマールについて語るリバウド

写真拡大

元ブラジル代表のリバウドが31日(土)にドミニカ共和国の首都サント・ドミンゴ市における新バルサアカデミー開設のインタビューでネイマールについてコメントした。

「ネイマールは絶対にバルサから離れるべきではなかった。彼は間違いを犯した。」
このようにリバウドは語った一方で、バルサへの復帰の可能性が無いわけでは無いと主張した。

またネイマールがPSGに残留したことで損をするのはバルサかPSGか?と言う問いに対してリバウドは「両クラブとも損をする」と答えた。

PSGはスポーツディレクターのレオナルド氏を通じて「現状のところバルサとの(ネイマール移籍の)合意は無い」と発表しているが、2日(月)の移籍市場終了までに合意に達する可能性が無いわけでは無い。

ドミニカ共和国に新たにオープンしたバルサアカデミーについて、リバウドは「見事なシステム」と称賛し、自身の子供時代にはこのような場所に決してアクセスできなかったと語ったうえで「メッシのような素晴らしい選手たちが生まれるだろう。」と請け合った。

このアカデミーに入学する子供たちに対し、リバウドは「このチャンスを生かして欲しい。常に言っていることだが、私も生まれた時からサッカーができたわけでは無い。サッカーは生まれつきが50%で、残りは仲間たちから学んだり監督から学ぶ。私は非常に苦労して成長した。目標を叶えるために、夢を見てそして努力して欲しい。」とメッセージを送った。

アカデミー開設式の終了後、リバウドはファンたちの写真のリクエストや、かなりの数のユニフォームや帽子へのサインに快く応じていた。

メッシ、久保、香川 出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部もWOWOWで放送・配信!
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>

■関連記事:リバウド、バルサ移籍を望むネイマールに厳しい助言

■関連記事:リバウドがネイマールについて語る「バルサを離れたのは失敗」

■関連記事:「バルサは無敵」リバウドがCLを大予想! 同郷の選手らについても言及