DF酒井宏樹は4試合連続フル出場

写真拡大

[9.1 リーグアン第4節 マルセイユ1-0サンテティエンヌ]

 フランス・リーグアンは1日に第4節を行った。日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはホームでサンテティエンヌと対戦し、1-0で勝利。右サイドバックの酒井は4試合連続でフル出場した。

 前節に待望の初得点、そして初白星を手にしたマルセイユ。その勢いは本拠地ベロドロームでも落ちることなく、前半33分に先制点を決める。MFブナ・サールは右サイドで酒井からパスを受けると、FWダリオ・ベネデットとのワンツーから一気に加速。PA右にパスを出し、MFモルガン・サンソンが中央へ折り返すと、走り込んだベネデットが豪快にゴールに押し込んだ。

 今夏加入の“背番号9”ベネデットが2試合連続ゴール。ボカ・ジュニアーズ時代にはアルゼンチン年間最優秀選手にも輝いた期待のエースが真価を発揮し、マルセイユは1-0で連勝を達成した。