バルサとユーヴェ、大物選手の電撃トレード説が急浮上

写真拡大 (全2枚)

現地9月2日でクローズされる今夏の移籍マーケット。そうした中、様々な駆け込み移籍の噂が飛び交っている。

ユヴェントスはジョルジョ・キエッリーニが重傷を負ったことで、CBの緊急補強案が浮上。

『Sky』によれば、アトレティコ・マドリーのステファン・サヴィッチやバイエルン・ミュンヘンのジェローム・ボアテングが候補になっているという。

また、ダニエレ・ルガーニをバルセロナのDFサミュエル・ウンティティやジャン=クレール・トディボとトレードする案も出ているとのこと。

さらに、ユーヴェはバルサとの間で別の大型トレード案も浮上している。

ユーヴェはバルサでの立場が微妙になっているイヴァン・ラキティッチを狙っているようだ。そして、トレード要員としてバルサ側が求めたのは、イタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキだという。

バルサは攻撃陣に離脱者が相次いでおり、ネイマールの復帰も消滅したとなれば、欲しいのはアタッカーだろうか。

いずれのトレードも現状では合意に至っていないというが、果たして…。