暗号化が進まぬ無料無線LAN 犯罪への悪用に県警が抱く危機感

ざっくり言うと

  • 東京五輪に向け、国は公衆無線LANの整備を自治体に求めている
  • しかし、多くは暗号化がされていないため、情報を盗まれやすいという
  • 県警は暗号化の必要性を呼びかけたが反応が悪く、危機感を抱いているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング