©テレビ朝日

写真拡大 (全4枚)

9月2日(月)に放送される『徹子の部屋』には、俳優の高橋克典が登場する。

©テレビ朝日

44歳のときに誕生した愛息が10歳になり、その成長ぶりに目を細めているという高橋。子育てに積極的に参加する“イクメン”として有名だが、仕事も家庭も大事にする背景には、知られざる幼少期の体験が…。

©テレビ朝日

アメリカ大使館に勤めていた祖父と祖母、そして音楽家の両親のもとで育った高橋は、初等部から青山学院に通い豊かな生活を送っていた。しかし、祖父が多額の借金を負う憂き目に遭い、環境がガラリと変わってしまった。

さらに祖父母は病に倒れ、両親は外で忙しく働くばかり。“家庭崩壊”とも言える状況を過ごした高橋は、いま息子を育てることで人生をやり直している感じ、なのだと語る。

©テレビ朝日

また、現在89歳になる母を施設に入居させるまでの葛藤や複雑な想いも明かす。