ニューカッスルに敗れてしまったトッテナム photo/Getty Images

写真拡大

昨季チャンピオンズリーグでファイナルまで駒を進めたトッテナムが何かおかしい。チャンピオンズリーグでの戦いは見事で、今夏にはMFタンギー・エンドンベレやMFジオヴァニ・ロ・チェルソを獲得するなど、待望の新戦力も到着。サポーターも今季の戦いに大きな期待をかけていたはずだ。

しかし、第3節でいきなりニューカッスルに0-1で敗れてしまった。ロケットスタートを期待していたサポーターは落胆したはずで、どこか空気は重い。英『FourFourTwo』もトッテナムの何が間違っているのかと特集しているが、リーグ戦での躓きは昨季後半戦からすでに始まっていたのだ。

昨季後半戦ではバーンリー、サウサンプトン、ウェストハム、ボーンマスといった格下相手に黒星を喫しており、ギリギリでのトップ4フィニッシュとなった。この時はチャンピオンズリーグに専念しているからと考えることもできたが、今季序盤からニューカッスル相手に躓いてしまったことは言い訳できない。

指揮官マウリシオ・ポチェッティーノが先発起用したエリック・ラメラが批判を浴びるなど、ポチェッティーノの選手起用を巡って議論も起きている。まだ序盤戦ではあるものの、9月1日に行われるアーセナルとのダービーマッチにも敗れてしまえば雰囲気は一気に悪くなるだろう。チーム、そしてサポーターに希望を与えるためにも負けは許されない。

英『Daily Mirror』によると、アーセナルOBポール・マーソン氏も今回のダービーはアーセナルが勝つのではないかとの予想を展開している。さらには最終的にアーセナルがトッテナムより上の順位で今季をフィニッシュするとまで予想しており、トッテナムの状態が悪いとの評価だ。

「アーセナルはこのゲームに勝つと思う。トッテナムは少しばかり混乱している。指揮官からくる混乱が選手に伝わっているんだ。ニューカッスル戦もスパーズが得点を決めるようには見えなかったし、ホームにも関わらず敗れた。アーセナルにはプレッシャーをかけるチャンスがあるよ。アーセナルは良い形でシーズンを始めたと思うし、3トップは脅威だ。彼らが今季連携できれば、アーセナルがトッテナムより上の順位でフィニッシュできない理由は見当たらないね」

今回のダービーは両者の実力、状態をテストする絶好の機会となる。トップ4争いの行方を占うものにもなるはずで、アーセナルサポーターもチャンスと感じていることだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=360