2019年のサンマの水揚げ量は前年の1割未満 回復の兆しもなく

ざっくり言うと

  • 不漁が続くサンマが、2019年はさらに深刻な漁獲不振に陥っているという
  • 北海道の漁港では、8月後半の合計水揚げ量が前年の1割に届かず、値段も高い
  • 回復の兆しもないことから、漁業関係者以外からも嘆きの声が漏れ始めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x