これがバルサMFブスケツ!さりげない「浮き球を収める術」が異様にウマい

写真拡大

残り数日でネイマールの復帰は実現するのか注目されるバルセロナ。

フレンキー・デヨングが加わった中盤にはいくらかの変化が起きている。

SBから“復帰”したセルジ・ロベルトが先発起用されており、イヴァン・ラキティッチは2連連続ベンチスタートに。

また、セルヒオ・ブスケツも開幕戦では出番がなかった。ただ、エルネスト・バルベルデ監督は彼に変わらぬ信頼を寄せているそう。

そのブスケツが練習でさすがのテクニックを見せつけていた(動画4分8秒〜)

アルトゥールのシュートがバーを直撃した直後、ブスケツはジャンプしながらそのボールをトラップしたのだが、なんというビタ止め!さらに、すぐさまシュートに持ち込める場所にボールを落としている…。

さりげなくやったプレーでありガチ感はないものの、それでもやっぱり抜群にウマい。

【関連記事】「いま最もパスがうまい選手!世界最高のパサー、TOP10」

第2戦は先発から74分までプレーしたブスケツ。オサスナとの第3節ではいかに。