オーストラリア代表を指揮するグラハム・アーノルド監督

写真拡大

 オーストラリアサッカー協会(FFA)は30日、2022年カタール・ワールドカップのアジア2次予選に挑むオーストラリア代表メンバー23名を発表した。JリーグからはGKランゲラック(名古屋グランパス)が選出されている。

 オーストラリア代表は9月11日にクウェート代表と対戦。ランゲラックを始め、元横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネク(ツルベナ・ズベズダ)、MFアーロン・ムーイ(ブライトン)、FWマシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)といった主力メンバーが招集されている。

 またFFAの公式サイトによると、グラハム・アーノルド監督はメンバーの若返りを狙っており、出場10試合以下の選手が12人選出されているという。

 名古屋の公式サイトではランゲラックのコメントを掲載しており、「全力を出しきり、頑張ってきます!応援よろしくお願いします」と伝えている。

以下、オーストラリア代表メンバー

・GK

ランゲラック(名古屋)

マシュー・ライアン(ブライトン)

GKアンドリュー・レッドメイン(シドニーFC)

・DF

アジズ・ベヒッチ(バシャクシェヒル)

ブラッド・スミス(シアトル・サウンダーズ)

ミロシュ・デゲネク(ツルベナ・ズベズダ)

ライアン・グラント(シドニーFC)

ハリー・サウター(フリートウッド・タウン)

マーク・ミリガン(サウスエンド・ユナイテッドFC)

トレント・セインズベリー(マッカビ・ハイファ)

・MF

ムスタファ・アミニ(オーフス)

ジャクソン・アーバイン(ハル・シティ)

マッシモ・ルオンゴ(シェフィールド・ウェンズデイ)

アーロン・ムーイ(ブライトン)

クレイグ・グッドウィン(アルワフダ)

ジェームズ・ジェッゴ(オーストリア・ウィーン)

アイディン・フルスティッチ(フローニンヘン)

・FW

ブランドン・ボレッロ(フライブルク)

マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)

アワー・メイビル(ミッティラン)

ジェイミー・マクラーレン(メルボルン・シティ)

アポストロス・ギアンヌ(AEKラルナカ)

アダム・タガート(水原三星)