大迫のブレーメン、2019-20新ユニフォームが登場!伝統の「緑×白」に

写真拡大 (全5枚)

大迫勇也が所属するヴェルダー・ブレーメンとキットサプライヤーのUmbroは、2019-20シーズンに向けた新ユニフォーム(ホーム、アウェイ)を6月に発表した。

新ホームキットは昨季モデルと同様にシンプルなグリーン。大きな特徴は見当たらないが、ブレーメンらしいユニフォームに仕上がっている。

Werder Bremen 2019-20 Umbro Home

NEWホームキットはグリーンを基調に、シャドーのピンストライプをあしらう。昨季は肩から袖にかけてをホワイトで彩るデザインだったが、新キットはよりグリーンを強調した。

胸スポンサーは大手家禽会社の「WIESENHOF」で継続。ロゴマークはキットカラーに合わせてグリーンとホワイトに変更し、色の統一性を持たせている。

背面の首元には、クラブの応援歌のタイトル“Lebenslang Grun-Weiss(生涯、緑と白)”をレタリングする。

パンツはホワイトを基調としたシンプルなデザイン。ソックスはグリーンを基調に、前面にはメーカーロゴ、背面にはチーム名“WERDER”が入る。

コンプリートルックはこのような感じに。昨季と同じく、ブレーメンでは伝統的なグリーンとホワイトのシンプルなカラーコンビネーションだ。